50代女性:ギックリ腰により日常生活での痛み、孫の抱っこが出来ない、衣服の着替えなど困難が改善

来店動機

前日に家の掃除で雑巾がけなどをしていて、腰部の違和感を感じていた。

翌朝起床すると立ち上がるのが困難な程の激痛。

併せて両臀部から下肢にかけての痺れもあり、翌日からお孫さんが家に来るということでなんとか日常生活を出来るようにしたいという事で来院。

カウンセリング内容

痛みの出たきっかけ

前日の家事での負担がきっかけになり、翌朝起床時にぎっくり腰に。

段々と痛みが増してきて、両下肢にかけての違和感、軽度の痺れも併発。

腰部の筋緊張と、痺れも伴うことから腰椎の歪みにより神経圧迫も起こしていると推察。

『お孫さんが産まれて里帰りにくるので、なんとか抱っこなどが出来るように早期に改善したい』との事。

どのような時に痛みが出るか

座っている体勢から立ち上がる時の痛みが著明。

屈むことが困難になり、ズボンや衣服の着替えに支障をきたしていた。

歩行時の痛みもあり、足を引きずりながら歩いている状態。

身体所見と治療、経過

初回施術

ぎっくり腰で疼痛著明の為、初回は患部の冷却、骨盤と股関節周囲の動きを正常に戻していく為に運動療法をメインで行う。

骨盤周りの体操、繰り返しの歩行指導により帰宅時には普通に歩けるように回復。

前屈時や立ち上がりの際の痛みは残っている為、自宅での冷却指導と翌日に改めて来院して頂くようにお伝えした。

2回目施術(翌日)

起床時の痛みは軽減、自宅でも冷却をしっかりして頂いたこともあり患部の疼痛も軽減。

前屈時の痛みと立ち座りでの痛み、下肢の違和感が残っているため腰椎への矯正を行う。

矯正後に再度冷却をしっかりと行い、治療後には立ち座りがだいぶ楽になったと自覚症状としても良好。

ぎっくり腰の場合は初期は繰り返し易い為、次回も早めの来院をして頂くようにお伝えした。

3回目施術(初回から5日後)

日常生活での痛みが来院時と比べ3/10と減少。

以前腰椎の歪みは強く見られる為、2回目の矯正で処置を行う。

矯正後には着替えなどの動作もだいぶ楽になったという実感あり。

再発の可能性が少なくなってきた為、今後同じ様にぎっくり腰を繰り返さないようにしばらくは継続的に施術を行っていくように本人と相談の上治療計画を立てた。

6回目施術(初回から2週間)

日常生活での疼痛ほぼ消失。

今度はもともとあった腰痛が気になってきた為、現在は予防と根本的な改善に向けて継続治療中。

患者様のコメント

『自宅での家事や着替えをするのがすごく楽になった!

孫の面倒を見たり、抱っこをすることも出来るようになって嬉しい。

近くだから来てみたけど、来てよかったです!』

担当者からのコメント

急なぎっくり腰で驚かれたかと思いますが、無事に改善に向かってきているようで何よりです!

まだもともとある歪みや腰痛などは残っているので、今後同じ様に痛くならないように一緒に頑張っていきましょう!

今の症状だけでなく、今後のお身体のことまでしっかりサポートさせてください!

今後もよろしくお願い致します!

ぎっくり腰について詳しくはこちら

ぎっくり腰